コミのティア

IMG_0936

少し遅くなったけれど、コミティア行ってきました。雨だったので手荷物をなしにして会場に向かったけれど、駅からビッグサイトまでは屋根が続いていて、濡れずに移動できた。バブルな土地開発の残り香がした。

参加するのはもう4回目なので、ずいぶんと慣れた顔で余裕を持って出店できた。ただ、いい感じのお昼ご飯をまだ用意できないのが問題だ。会場で屋台も出ているが割高そうなので論外だし、ビッグサイトにはレストランもあるが一人でやっているので食べに行くわけにもいかない。新幹線の駅で弁当を探すのだがエビやあさりが入っているので食べられない(東京の弁当はいちいち深川めしをプッシュしている)。結局コンビニの駄おにぎりと駄サンドイッチでしのいでいる。味気ないおにぎりをかじりながら「まだまだ慣れんですばい、東京」という気分になる。いつかこの問題を克服したい。

ティアズマガジンにレビューしてもらったおかげで、売り上げは今までで一番よかったし、東京遠征したかいがあった。お買い上げしてくださった方、ありがとうございました。

今回に向けて作ったコピー本(写真右側の冊子)が多少余ったので、通販しています。過去作品の再録ですが、興味のある方は〈store〉までどうぞ!

広告
コミのティア

コミティア122に出ます

ずいぶん更新が止まっていましたが、生きています。10月は仕事ばっかでした。マンガは年内にもう1本描く感じでやってます。

11月23日(木・祝)のコミティア122(東京)に出店します。「エンディングテーマ」がレビューに掲載されたとのことで(レビュー書いてくださった方ありがとうございます)、追加でもう一度東京行きます。

ブースは「し07b」になります。

基本「エンディングテーマ」を売りに行くのですが、それだけだとつまらないので、コピー本を作りました。過去に自分のフリペに描いた「TAXI DRIVER」というマンガと、依頼を受けて人様の冊子に描いた「これからの私たちに起こること」「ハト」の短編3作を再録したものになります。ちょっとレアトラック&読み返して面白かったものをチョイスしました。

写真はその冊子になりますが、両A面デザインで、左開き右開きの両方から読めるように作っています。全24ページ、コピー印刷。200円で販売します。コミティアでの販売がメインですが、あまればホームページで通販します。

あと、大阪のナイスなインディー本屋「シカク」が制作する漫画冊子『品格』の3号にも短編を1本描かせていただきました。「焼き鮭とごはん」というタイトルの、ちょっと陰気な雰囲気のマンガを描いています。これも同じコミティアで出店して販売されるようなので、興味のある方はぜひチェックしてください。ブースは「き49b」、「わくわくショウルーム」というサークル名だそうです。(僕のブースでは取り扱ってません)。

あっという間に年末の足音が聞こえて来るし、夕方外を歩きながら紅茶花伝ホットを飲むともう冬の空気で、ちょっと驚いた。翌日起きてツバを飲むと喉が痛くて、風邪っぽい。部屋でも靴下を履かないと寒い。加湿器を買いたい。仕事もバタついてくる。せわしない年末の雰囲気に飲まれてぼ〜っとするこの頃。阿部共実の「ちーちゃんはちょっと足りない」というマンガを読んで衝撃の傑作。

コミティア122に出ます