4月日報 3

IMG_0425

マンガの作業、なんとか4月中に話の構成は終わりそう。来月から下描きに移りたい。全部で50ページくらいになるんで、造本の予定が狂う。というかこんなページ描けるか不安になってきた。

もうすぐ連休でソワソワする。特になんの予定もないのだが、数日間部屋に閉じこもって黙々と過ごすことを想像すると「それはそれであり」という気分になる。入院する人に話を聞くと、病気や怪我は大変なんだろうけど、「うらやましい」とも感じる。毎日退屈にうんざりしながら、本でも読んで時間を潰す日々は優雅じゃないだろうか。連休は極力マンガの作業にあてるつもりですが、アルコールは控えめにしたい。

最近「メルカリで現金が売られている」とかのニュースが面白い。あれは貧困社会の闇というより、「アイツ、あんなものまで売りやがった!」ってゲームのような気もする。だって捨てるつもりのコップとかも、出品すれば買い手がついたるすんでしょ? そういう話を聞くたびに、つげ義春の「無能の人」を連想する。河原で石拾ってこようか。

広告
4月日報 3

4月日報 2

bt

先週AirPodsが届いた。アップルのブルー・トゥースで聴ける無線イヤフォン。MacとiPhoneでしか使えないので不便だけど、「コードレスである」というたった一つの理由で購入した。これでカバンの中でイヤフォンコードが知恵の輪みたいに絡まったり、耳に装着したまま歩いてどこかに引っ掛け、コントみたいに顔が「グンっ!」とならないで済む。そのことだけで「こんなにもストレスがないものか」と実感している。毎朝の通勤が清々しい。高いけど、買ってよかった。

画像は、「ブルー・トゥース」っていうとついつい連想しがちなバンド「ブルータル・トゥルース」。斯様にいかついイメージなんで、AirPods使うまでは、iPhoneに「ブルー・トゥース」ってボタンがあっても、ずっとオフにしてたね。

マンガ作業は、まだストーリーをいじくっている。書き直しを繰り返すたびに、良くなっているのか分からなくなる。だんだん何が描きたかったのか忘れる。そんな感じで迷走中だ。

近所のスーパーが「タママヨカツ」というハムカツにタマゴのマヨネーズソースを挟んだヤバい惣菜を売り始めた。カロリーの爆弾という感じだげれど、ポン酢かけて食べると最高なんすよ〜。

4月日報 2

4月日報 1

CC_OFbrandnew

8月のコミティアに申し込みをした。聞いた話だと夏は人が少ないそうでちょっとショックだったけど、「そのぶん参加も抽選になりにくくて確実じゃん」と持ち前のポジティブ・メンタル・アティテュードで立て直した。

画像は申し込みの際に用意したサークルカット。いま作業をしているマンガのイメージで、遅くてもこのタイミングまでに完成させるつもりで描いた。左の女性は「SHITTY GIRL」の女性作家と似てるけど、別人。あとで容姿を変更するつもりの「とりあえず設定」でラフを進めてたのだけど、こう描いてしまったし、もうこのデザインで決めてしまおうと思う。予定よりページが多くなりそうだけれど、時間に余裕ができたので納得できるボリュームで描くつもり。

マンガ『少林カウボーイ』が日本訳で出たので期待して買った。冒頭に「これまでのお話」とあらすじが書かれていた。調べると今回出版されたのはいきなりエピソード2かららしく、「ちゃんと1から読ましてくれよ」と憤る。しかも掲載されてるあらすじを読むとホントむちゃくちゃなので、俄然エピソード1が読みたい。

4月日報 1