眠れない

img_0339

何かで読んだか、見た映画なのか思い出せないが、怖い夢を見た。

==========

友人たちと旅行先でふざけて祟られる。身の回りで異変が起こる(飲み物が腐っていたり、排水溝がドロで詰まっていたり)。そのうちはっきりと人影を見るようになる。それは映画で俳優が演じているような、顔が白く頭がボサボサで目の周りが黒い40代くらいの女性の霊だった。

怖くなり、友人に連絡をとると、みんな同じような体験をしていた。しかしそのうちの一人が「私もその人影を見たけど、きっとあの時の祟りだと思ったから、怖かったけどきちんと頭を下げて謝った。そうすると向こうもスッと姿を消した。霊だとしても人間なのだから、向き合って話せば分かってくれるんじゃないか」と言っていた。自分はなるほどなと納得した。

その夜、洗面所に立つと歯ブラシが全てぐちゃぐちゃにねじられていた。下着や洗濯物が血塊や排便でベトベトに汚されている。嫌がらせのような悪意を感じた。洗面台の鏡を見ると、自分の後ろに例の女の影が映っていた。

その瞬間猛烈に怒りがこみ上げてきた。自分は振り返るとその女の霊に暴言を撒き散らした。一方的に怒鳴りつけると、霊はフッと姿を消した。そのことに満足した自分は、なるほど確かに友人の言う通り、霊とはいえ人間だな、と思った。明日友人に会ったら、自分は謝罪ではなく、一喝して退散させてやったと自慢しようと思った。

翌日、その友人が夜中に変死したという連絡を受けた。

==========

みたいな内容の夢だった。そこで目を覚ましたが、まだ深夜。もう一度眠りにつきたいのに、怖さのリアリティがすごくて落ち着かない。

その晩は風が強くて、窓が繰り返し軋んで音を立てていた。普段はまったく気にならないが、あんな夢の後なので、「誰かが外から窓を叩いているのでは? さっきの女の霊?」という考えが浮かんだ。

バカバカしいけど、それからマジで眠れなくなったし、かといって目を開ける勇気もなかった。窓の方なんて絶対に見れない。そのまま目覚ましが鳴るまで布団の中で、必死にエロいことばかり考えて過ごしていました。

こんな感じの近況ですが、マンガの方は相変わらず話の構成をやっています。少しづつ形になってるけど、まだ先が見えません。

あと、今月は給料日までのサイフがヤバいです。もう麺類は食べたくない。

広告
眠れない

額ぶち日報

img_0332

原稿整理のついでに額に入れてみた。こうしてみると多少はそれなりのものに見えるので、額ってすごいな。もっといろいろと額に入れて行きたい。給与明細とか、ポストに溢れてる風俗店のDMとかも。

最近体がダルく、四六時中ノビをしている。そのとき「ウ〜〜ン」と声をあげるのが普通だと思うが、職場などでしょっちゅうそんな声を出してると段々バカと思われそうなので遠慮している。

特に下半身がダルくて、そんなに歩いたり走ったりするわけでもないのに、グ〜ッと両足を伸ばすとすごく気持ちがいい。ちょっとアクメみたいな声が出る。「……ハァ」みたいな。自分でもわかるぐらいにキモい。

先日2日間ほど、仕事の都合でお酒を控えた。するとこのダルさが消えていた。「あれ?」と思いながらその日は飲んだら、翌朝ふとんの中でダルさが復活していた。もしかしてアルコールのせいなんでしょうか? そんなことってあるのか。そして、お酒を控えると言っても、缶ビール2本は行ってるから、どちらにしても俺はバカだろう。

告知が2本あります。

ひとつは、大阪の本屋、シカクが発行する『品格』というマンガ誌に短編を描きました。「窓際とたこ焼き」というタイトルの16ページで、嫌〜なお話になりました。無事掲載されています。

mt

こんな感じ。

発売は2月12日のコミティアらしいですが、その後はお店などでも取り扱うそうなので、詳細はリンクをチェックしてください。(コチラ!)

もう一つは、京都で本を委託しているホホホ座が、新宿のビームスジャパンに期間限定(2月4日〜3月5日)でお店をオープンされています。そこで僕の『桂浜へ』も販売されているそうで、現場を見れないのでどんな感じかわかりませんが、ジュクにあのイモマンガが並ぶ図というのはどうなんでしょうか? もしお近くの方がいらっしゃいましたら確認してみてください。詳細は(コチラ!)

額ぶち日報