近況報告

IMG_2134

発作的に本棚の整理をするの図。

マンガの作業はベタ塗りが終わり、セリフを入れているところです。これが終われば表紙を作って、ようやく製本までこぎつけられます。なんとか今月中にできるでしょうか?

パソコン上で加工している原稿を一旦出力して確認したかったんですが、インクカートリッジが切れていた。替えを購入するにも、たしか1つ1000円くらいするはず。家庭用プリンターのインクってなんであんなに高いんだ。すぐ切れるし。いやらしい商売だと思うよホント。

で、コンビニで出力すればいいや思い、朝からにデータをもって出かけた。1枚10円でプリントできるし、インクジェットより断然キレイだ。ただデータ読み込みにえらく時間がかかる。全ページを1つのPDFにまとめておいた方がいいんじゃないか? 早々に家に引き返した。

広告
近況報告

パソコンさま

IMG_2137

描いたマンガをスキャンしてパソコンで加工。地味な作業だ。

昔はマンガを作るのは全てアナログ作業でやりたいと思っていて、トレース台を使うのすら抵抗がありました(トレース作業はアナアナのアナログですが)。理由はそういうやり方だといくらやってもマンガが上手くならないと思っていたのと、出来上がったものが薄っぺらくなるような気がしていたからです。

ベタ(黒く塗りつぶす)も筆にインクをつけてコテコテと手塗りしていました。修正はアクリル絵の具のジェッソを水で溶いて使ってた。ただ、人に依頼されてマンガを描くときは(個人でやるのと違って)締切がマジなので悠長にベタ塗りしている場合じゃないことも多く、緊急避難としてパソコンを使うようになりました。

制作の遅さを多少はカバーするためにも、そのうち自分の冊子も最終的にはコピーや印刷(昔は手描きの原稿を直にコピーかけてた)で人に見せるんだし、パソコン使っても一緒じゃないかと考え直しました。

今は、はみ出した線やヨゴレの修正、黒ベタ、セリフや描き直したコマの合成をフォトショップでやっています。ついでに製本用の面付けもインデザインでやるので、コピー屋での作業が楽になりました。

ただそのコピー屋で高校生くらいの子が手描き原稿をコピーかけて製本しているのを見ると、パンクやね、かっこいいね、とうらやましくなります。

パソコンさま

プレステフォー

IMG_2136

マンガとは全然関係ありませんが。

この週末は作業も一段落ついたので、前々から決めていたプレステ4を買った。ヨドバシポイントのためにカードでなくわざわざ現金用意して買ったのに、ポイントカードを忘れたが、とにかく買った。

ソフトは色々とやりたいのがあったんですが「ドラゴンクエストヒーローズ」にした。鉄板人気の「ドラクエ」と「無双」の合体作品で、ガッチガチのガチに手堅いゲームだ。おニューハードの1本目からコケたくない。

小学生のとき、親と祖母にお願いしまくってようやくファミコンを買ってもらったが、併せて買ったソフトが野球のゲームだった。ファミスタではない、なんかキャラが8頭身のやけにリアルなやつだ。そして僕は野球に何の興味もなかった。せっかく手に入れたファミコンに心底ガッカリした。これは僕のトラウマだ。

で、日曜の夜にプレステ4を早速プレイしたんですが、いまいちなんす。新しいトラウマになりそうです。

「うおお、プレステフォー!」って衝撃がないんす。いや、ゲームは面白いんですが、いつものドラクエだし、いつもの無双なだけなんです。いや、ただの無双だよこれ。絵とBGMがドラクエなだけの無双だよ。思考回路を1ミリも通過させず、ひたすら攻撃ボタン連打しながら敵の群れに突入していくだけの、いつもの無双だよ。

そう言いながら、明日から仕事だってのに夜中の3時までやってました。

プレステフォー